【書評】朴澤泰男箸『高等教育機会の地域格差―地方における高校生の大学進学行動』

【書評】朴澤泰男箸 『高等教育機会の地域格差―地方における高校生の大学進学行動』

 IDE現代の高等教育 No.586 模索するIR 2016年12月号より

 高等教育機会の地域格差本書は、博士論文をベースに刊行されたものである。「進学機会の格差・不平等」研究は先行研究の岩盤が厚いが、本書はその厚い岩盤にドリルで穴を開けた力作である。大学進学率の地域格差は、これまで学力、所得、収容力で説明されてきた。しかし、独自に県別進学費用と便益を推計し、大卒相対労働者数の有効性を実証されたその労力に対して敬意を表したい。

 さて、大学進学率に地域格差があり、大学進学とは地方から大都市圏への県外進学の謂いであることは今に始まったことではないし、ことさら新しい社会現象でもない。しかし、著者が注目するのは、東京と地方の格差ではない。「地方県の間」の違いである。それは、高校生の大学進学行動が3ブロック(表紙の日本列島の色分け)で異なるからである。では、なぜ三つの類型が生まれるのか、本書はそのメカニズムを探り当てる。

 序章「課題と方法」で、問題の所在と人的資本論に依拠する分析枠組みが示される。読者は、90年代以降の大学進学率の地域格差が「鰐の口」のように拡大し、高位・中位・低位県に分節化が新興していること、しかも中3学力と大学進学率には関連が見られない事実に驚くであろう。そこで著者は、学力や費用ではなく、大学進学とりわけ県外進学のもたらす便益に地域間格差を説明する糸口を得る。県単位で分節化された労働市場が、経済的動機に敏感な「限界高校生」を刺激すると見るからである。

 第1章「高等教育機会の地域格差」では、県外・県内進学率の特徴から「中間県」が県外進学、「外縁県」では県内進学の高いことが明らかにされる。第2章「大学進学のコスト」では、家計所得、機会費用、収容力との相関分析から通説とは異なる事実が示される。所得の低い「外縁地方」が仮に大都市圏と同じ所得水準であるとしても大都市圏との進学格差は残ること、機会費用や直接費用が高い「中間圏」で大学進学率が高く、しかもコストのかかる自宅学進学(女子)に意欲的なことである。この非線形な関係から、学力や費用に還元されない地域の独自性が発見される。

 第3章「大学進学の便益」で、大学進学がもたらす便益が県別に計測されている。便法による一般労働者の学歴別・性別平均賃金と生涯年収である。第2章の機会費用と直接費用の推計と併せて、公開データでは得られない独自なデータである。結果として、地方県から大都市圏への進学移動に伴う便益は大きいことが確認される。加えて、三つの賃金格差(学歴間、男女間、東京・地域間)の相関分析から新たな知見が得られている。東京との賃金格差が大きい「地方県」ほど(東京に就職移動するため)大学進学率が低いこと、学歴間賃金格差が小さく、かつ東京との賃金格差が高卒より大卒で大きい「中間県」で大都市圏進学が高くなることである。

 第4章「学卒労働市場の構造」では、便益を左右する大卒・高卒労働需要の実態が描かれる。地方から大都市圏への大卒進学移動の半数は、就業機会よりも入学定員が大きいため地方にUターンしているのである。興味深いのは、70年代に指摘された「代替雇用」が現在でも横断的に確認できること、大卒と高卒が競合関係にある職種は男子が生産工程職、女子が事務職であり、両者の競合関係は大卒が過剰な「中間県」で見られることである。さらに、「高校生調査」を重ね合わせて、学歴間賃金格差の小さい「中間県」の就職希望高校生に積極的な就職理由を読み解く作業は、本書の白眉である。

 第5章「女子にとっての大学進学の便益」では、生涯就労規範の弱い女性の便益を取り上げて結婚と就業・非就業の関連が検討されている。育児期の30代女性の学歴別・地域別非労働力率から学歴間賃金格差の小さい「中間県」では、他のブロックより高卒も大卒非労働力化しやすい。この結果は、「高校生調査」によって「中間県」に存在する女子高生の「結婚後の就業継続志向」が強いことからも裏付けられている。

 第6章「大学進学率の地域格差の実証分析」で、以上の検討が集約される。個人属性を一定としてもなお、地方県の大学(県外)進学行動は大卒相対従業者数と正規就業機会(女子)の影響を受けることである。自ら選択できない出身県の労働需要が、「進学機会の格差・不平等」を生み出す重要な指標となるのである。

 終章「結論と含意」では、地域類型によって異なる進学行動を踏まえて、新たな政策提言がなされる。大都市圏での大学新増設規制の緩和、現行の厳格な学部別定員管理の再考、そして出身地指定の入学枠の設定などである。

 180もの図表からなる浩瀚な本書は文字通り力業であるが、記述は論理的であり、データで語る禁欲的なスタンスで貫かれている。期待効用の視点から地方からの進学行動を解き明かし、進学機会がその先にあるマクロな労働需要に埋め込まれていることを実証した本書を関連分野の研究者のみならず、広く高校生の進学移動に関心を持つ読者に勧めたい。

(広島大学高等教育研究開発センター教授/教育社会学)

【東信堂 本体価格5,600円】

旧サイトはこちら

ページ上部へ戻る