タイトル カナダの女性政策と大学
刊行日 2017年2月10日
著者 犬塚典子箸
定価 3900+税
ISBN 978-4-7989-1389-6
Cコード 3037
ページ数 288
判型 A5
製本 上製

日本の男女共同参画の実現に向けて
「女性活躍推進法」などの安倍政権が掲げる成長戦略の一つ「女性活躍社会」。果たして近年中にどこまで実現できるだろうか?たとえば大学院に進学する女性と、女性の大学教員の比率を比べると、日本は極端に教員の方が少なく、OECD各国の中でも最低レベルであり、この差を埋めるのは容易ではない。本書は、国家主導の様々な具体的な女性政策により、女性教員数を一貫して増加させているカナダの実態を詳細に示し、同じく国家主導の日本に大きく示唆する、まさに時宜を得た研究である。

序 章 本研究の課題と方法
第1章  「女性の地位に関する政府調査委員会」による政策形成
第2章  「雇用公平法」と大学
第3章  両立支援政策と大学
終 章  総括と今後の研究課題

関連書籍
ページ上部へ戻る