タイトル グローバルに問われる日本の大学教育成果
刊行日 2019年03月7日
著者 加藤 真紀、喜始 照宣 著
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-1546-3
Cコード 3037
ページ数 216
判型 A5
製本 上製

「グローバルに問われる能力」に対する産学の合意形成に向けて―
今日、どのような資質・能力―コンピテンス―が国際社会に求められているのだろうか。2015-2017年に計3回、11の専門分野、7000名に及ぶ大学生・卒業生・教員・企業人らに向けて実施された「グローバルに問われる能力」に関する調査データの詳細な統計分析を紹介する。日本の大学教育成果を具体化した実証研究からは、産学それぞれの求める「コンピテンス」の認識の相違が示されるなど、大学関係者にとって重要な示唆が導かれている。

はじめに
第1章 コンピテンスとは
第2章 コンピテンス調査の概要
第3章 日本の大学で習得された、もしくは重要だと考えられている専門コンピテンス
第4章 対象者間の違い:企業人の認識は大学関係者とどのように違うのか
第5章 大学間の違いはどのようなコンピテンスで見られるのか
第6章 経済学とビジネスの詳細分析
第7章 汎用コンピテンスについてわかったこと
第8章 結論:調査から分かったこと
参考文献/参考資料・質問紙/おわりに

関連書籍
ページ上部へ戻る