タイトル コミュニティ政策15
刊行日 2017年7月1日
著者 コミュニティ政策学会編
定価 2300+税
ISBN 978-4-7989-1434-3
Cコード C3036
ページ数 248
判型 A5
製本 並製

特集「コミュニティ政策からみた都市コモンズ」を中心に充実の論考満載の、コミュニティ政策研究最前線。

巻頭言 ……………………………………………………………… 安藤 周治 ₃
第15回大会 コミュニティ研究のフロンティア―市民社会と国際比較研究の視点から
シンポジウム コミュニティ・ベイスト・アプローチ(居住者主体の
      地域改善方法)の国際的展開………………………………… 5
 パネルディスカッション
パネリスト 仁科 伸子、清水 洋行、細淵 倫子
コーディネーター 玉野 和志
コメンテーター 大内 田鶴子
特集論文 コミュニティ政策からみた都市コモンズ
 解 題…………………………………………………………………………… 44
 ⑴ 都市コモンズを支える制度(体)と法政策 ……………… 高村 学人 ₄₅
    ― エリノア・オストロムの法学へのインパクト―
 ⑵ 「協同組合」再訪― 都市のコモンズの主体を探す― …… 茂木 愛一郎 ₇₂
 ⑶ 都市内分権とコモンズ…………………………………… 前山 総一郎 ₉₄
    ―「社会関係としてのコモンズ」のコンセプト(P.ラインバウ)を基に―
自由投稿論文
⑴ 地域コミュニティと行政の関係の歴史的形成と地域性 … 役重 眞喜子 ₁₂₀
    ― 明治行政村の成立経緯に着目して―
⑵ 復興における地域コミュニティの重要性と
   生活再建の論理 …………………………………………… 中村 清美 ₁₄₇
    ― 長崎県雲仙普賢岳噴火災害被災地を事例として―
研究ノート
⑴ 自治省コミュニティ政策形成過程の分析 …………………… 渡邊 隼 ₁₆₈
⑵ 地域自治区制度に関する住民の評価 ……………………… 丸山 真央 ₁₈₃
    ― 新潟県上越市の場合―

関連書籍
ページ上部へ戻る