タイトル マナーと作法の人間学
刊行日 2014年09月01日
著者 矢野智司編著
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-1253-0
Cコード 3036
ページ数 216
判型 四六
製本 並製

マナーの根源的性格の追究からその保守性の超克へ
人間学の視点が捉えたマナーや作法からは、もっぱら社会的機能から見たそれとは異なる、新たな光景が見えてくる。本書は、人間の内奥から立ち上がってくる、社会的関係には回収できないこの「法外な事象」を包括的に考察し、マナー・作法の根源に迫る本格的研究であるとともに、それらが含み持つ宗教的、美的、遊戯的等の特性を現代の眼で捉え直すことを通じて、マナー・作法の慣習的・保守的性格を超え出る可能性を追求した新研究である。

第一章 マナーと礼儀作法の人間学の再定義に向けて 矢野 智司
第二章 近代西洋社会におけるマナーと社交性 櫻井 佳樹
第三章 あいさつと超越性 鳶野 克己
第四章 世界市民の作法としての歓待と弔いのマナー 矢野 智司
第五章 マナーと礼儀作法による「公共の場」の創生 岡部 美香
第六章 中学校におけるマナー問題と「粋(いき)」 毛利 猛

関連書籍
ページ上部へ戻る