タイトル 主体的学び4号
サブタイトル アクティブラーニングはこれでいいのか
刊行日 2016年05月30日
著者 主体的学び研究所 編
定価 2,000+税
ISBN 978-4-7989-1365-0
Cコード 1037
ページ数 216
判型 A5
製本 並製

特集「アクティブラーニングはこれでいいのか」を中心に、事例研究、海外研究、関連的特別寄稿等、ますます充実の第4号

目次
特  集 アクティブラーニングはこれでいいのか
 看図アプローチが導く主体的学び(鹿内 信善)
 協働学習との今日的付き合い方(船守 美穂)
 進化するアクティブラーニング―ジョン・ズビザレタ教授と語る―(土持ゲーリー法一)

事例研究
 ICEモデルを軸とした主体的な学びの実践―アクティブ・ラーニングの導入と展開―(柞磨 昭孝)
 反転授業とアクティブラーニングを通じて実現する新しいキャリア教育(中西  徹)

海外研究
 ポストコロニアル教育言説と学校教育の機能及び実体―アフリカ伝統社会での教育からの投影(2)―(山田 肖子)
 オンライン教育のメッカ、フェニックス―営利大学と非営利大学の攻防―(船守 美穂)
 5 Steps to Creating a Video Culture on Campus(ロブ・リップス)

特別寄稿
 女子中高生への理系進路選択支援―Society5.0 に向けた人材の多様性―(犬塚 典子)
 高等教育における教えること、学ぶこと、評価すること―ICEを活用して学生の学びの質を向上させるために―(S・F・ヤング)
学習者中心のシラバスを測定するためのルーブリック(M・S・パーマー、D・J・バック、A・C・ストライファー)

関連書籍
ページ上部へ戻る