タイトル 主体的学び5号
サブタイトル アクティブラーニングを大学から社会へ
刊行日 2017年12月20日
著者 主体的学び研究所
定価 1800+税
ISBN 978-4-7989-1471-8
Cコード C1037
ページ数 168
判型 A5
製本 並製

社会に通じるアクティブラーニングとは何か
なぜ学校教育においてアクティブラーニングを教える必要があるのか。現状、アクティブラーニングは学校教育における活動に限定されており、それがいかにして社会に通じていくのかが示されていない。しかしながら、社会への接続としての大学教育を考えることは重要な課題である。学校から出た後、社会人としていかなるコンピテンシーが必要不可欠なのか。そのような問いへの回答として、アクティブラーニングを捉え直す必要がある。
社会人の目から見てアクティブラーニングはどうあるべきなのか。社会で必要になる考え方や働く力を身につけるには、大学の教育・教員・生徒に、何が必要になるだろうか。社会で通用する深い学びを、大学教育はいかに授けられるだろうか。実務家・実務経験者・企業・教員・研究者といった様々な分野からの豊富な経験、専門的な視点・知見を踏まえた論考。

特集 アクティブラーニングを大学から社会へ
 質問力を鍛える
 アクティブ・ラーニングの脳科学
 社会で通用するアクティブラーニング
 主体的な学びで身につける力/看護人材養成
 「非行」の授業で学生は何を学ぶか
 観光学で遊ぶこと・観光学を愉しむこと 
 企業が大学に提供するアクティブラーニング型の
  一般教養講義『パトスロゴス』
 社会人の目から見たアクティブラーニングや
  主体的学びはどうあるべきか
 地域とグローバル人材の育成
海外動向
 ダックワースがTEDで語る
  究極の成功因子グリット(GRIT)
ICT、映像の利活用に関するレポート
 アクティブラーニングを促す映像フィードバック
執筆者紹介/編集後記

関連書籍
ページ上部へ戻る