タイトル 主要国の環境とエネルギーをめぐる比較政治
サブタイトル 持続可能社会への選択
刊行日 2016年1月
著者 太田 宏著
定価 4600+税
ISBN 9784798913247
Cコード C3031
ページ数 536
判型 A5
製本 上製

エネルギー政策革新へ向け国際協力体制強化の力学
 経済成長維持と温室効果ガス排出削減――未曾有の気候変動危機を目前にした地球社会は、この相反する目標の同時達成を求められている。そのため不可欠な国際協力体制の形成と強化には何が必要か。本書は、与論喚起、学習、インセンティブ制度等の方策の政治的考察とともに、冒頭、2015年パリ国連気候会議(COP21)の寸描も交え、全世界の人為的二酸化炭素排出量の40%以上を占める米国・中国、原発問題で対照的姿勢を見せた日本とドイツ、画期的な再生可能エネルギー利用で注目されるデンマークの五か国の実態分析を通じ、エネルギー政策革新への新たな展望を開く。

序 章
第一部 エネルギー問題と政治学
第一章 新エネルギー危機と政治学の視座
第二章 石油危機とエネルギー安全保障

第二部 環境問題とエネルギー問題の相互作用
第三章 国際政治課題としての気候変動問題
第四章 持続可能な社会とエネルギー選択

第三部 主要国の新エネルギー危機対策
第五章 日本の新エネルギー危機対策
第六章 中国の新エネルギー危機対策
第七章 米国の新エネルギー危機対策
第八章 デンマークの新エネルギー危機対策
第九章 ドイツの新エネルギー危機対策
第一〇章 結 論

関連書籍
ページ上部へ戻る