タイトル 人道研究ジャーナル vol.6
刊行日 2017年03月31日
著者 日本赤十字国際人道研究センター編著
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-14220-0
Cコード C3031
ページ数 328
判型 A5
製本 並製

赤十字の戦時中から現在の国内外の活動を当事者が描く。

人道研究ジャーナル 2017 -第六号 目次-
赤十字理念の誕生―人類への愛国心

【特集1 : 現代世界・核廃絶と国際人道法】
①人道支援と核廃絶
 岐路に立つ核軍縮―交渉の歴史と最近の動向
 人道支援における「独立」概念をめぐる一考察
 《トピックス》赤十字シンポジウム三〇周年を迎える
②現代世界と人道
 戦禍の人々を守る「戦時の決まりごと」
 人道的価値観の普及に教育は何ができるか
 《コラム》試される人道の力―分断する世界と赤十字
③現代世界と国際人道法
 武装ドローンの悲劇を阻止するために―法的、心理的及び政策的な解決策
 国際人道法遵守メカニズム設立に向けた取り組み
 現代日本の捕虜取扱いシステムについての一考察
 赤十字標章法の違反行為と罰則規定
 第三九回サンレモ円卓会議報告

【特集2 : 赤十字と歴史】
 第二次世界大戦中の国内捕虜および抑留民間人の待遇
 《震災シンポジウム報告①》濃尾地震における医療救護と日本赤十字社の活動
 《震災シンポジウム報告②》熊本地震の救援活動、被災状況および復興への道
 日本赤十字社の原爆緊急人道支援の歴史について
 《インタビュー》『日赤看護婦・戦時救護活動』
  ◇長崎での原爆被爆者の救護
  ◇終戦前の熾烈な救護活動
  ◇引揚帰還者の支援活動
 「大韓赤十字社八〇年史」に見る歴史記述―日本の朝鮮半島進出時代を中心として

【特集3 : 赤十字と国際災害対応】
 日本の国際協力団体による国内災害対応に関するナレッジ・マネジメントモデルの提案
 「赤十字災害救護の原則と規則」の変遷
 東日本大震災の陰に隠れた国際救援
 《医療の現場から》日本の地域医療とアフリカでの医療救援

【紀行】
 赤十字基本原則採択五〇周年記念「赤十字7原則エッセイコンテスト」賞品旅行スイス視察研修参加報告書
 ポーランド・アウシュビッツを訪ねて

編集後記

関連書籍
ページ上部へ戻る