タイトル 公害・環境問題の放置構造と解決過程
刊行日 2017年2月25日
著者 藤川賢・渡辺伸一・堀畑まなみ
定価 3800+税
ISBN 978-4-7989-1410-7
Cコード C3036
ページ数 336
判型 A5
製本 上製

何が「解決」で何が「放置」されるのか?
公害・環境問題は健康問題や社会問題との因果関係が見えにくく、「被害放置」の構造が現れやすい。そこには被害が認められず切り捨てられ、放置された被害者が残存しているのである。本書はこうした問題を抱えた各事例の検証を通じ、その解決過程には被害住民・地域ごとに異なった特性を有していることを明らかにする。福島第一原発事故以降、揺れる日本の公害・環境政策にも大いに示唆を与える研究。

序 放置の構造と解決との関係(藤川 賢)
第1章 解決と放置をめぐる社会過程(藤川 賢)
第2章 判決後40年間のイタイイタイ病住民運動と公害問題「解決」の意味(藤川賢・渡辺伸一)
第3章 大分市大気汚染公害と新産業都市開発(渡辺伸一)
第4章 関あじ・関さばの誕生(渡辺伸一)
第5章 アスベスト被害の救済をめぐる矛盾と放置(堀畑まなみ)
第6章 職業性がんの解決過程と行政対応(堀畑まなみ)
第7章 辺境の公害からのグローバリズム(藤川 賢)
第8章 インド・ボパール事件をめぐる被害拡大と国際的支援の展開(藤川 賢)
第9章 福島原発事故における避難指示解除と地域再建への課題(藤川 賢)

関連書籍
ページ上部へ戻る