タイトル 初年次教育でなぜ学生が成長するのか
サブタイトル 全国大学調査から見えてきたこと
刊行日 2010年6月1日
著者 河合塾編
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-0003-2
Cコード 3037
ページ数 352
判型 A5
製本 並製

巻末に全国1096学部の調査結果一覧を収録!全ての大学教育関係者、高校の進路担当者必読の書!いま、大学で初年次教育の在り方が大きな問題となっている。高校までの受動的な暗記型教育から、大学で求められる能動的な学習への転換の難しさが、学習意欲・目的意識のない学生を生み出しているからである。本書は、河合塾が総力を挙げ実施した「全国大学初年次教育調査」の結果分析に基づき、進んだ大学の取り組みを詳細に紹介。各方面の研究者による、今後の課題を提示する示唆に富んだ問題提起も収録。

はじめに
第1部 河合塾からの初年次教育調査報告
 〈評価の視点A~C〉別にみたグッドプラクティスの事例集
第2部 大学からの先進的初年次教育の事例報告と質疑応答
 複数の初年次ゼミを有機的に結合:高知大学 (農学部)
 ポートフォリオシステムでも成果:金沢工業大学(全学)
 全教員出動で初年次教育を推進:信州大学(繊維学部 化学・材料系)
 初年次教育をテコに大学改革を推進:嘉悦大学(経営経済学部)
 3人の特任講師中心で全学の初年次教育をカバー:三重大学(全学)
 学生に将来設計を考えさせる初年次教育:名古屋商科大学(全学)
第3部 初年次教育のこれからを考える問題提起
 新しい評価のパラダイム(松下佳代)
 知の活用のためのコラボレーション(三宅なほみ)
 日本における初年次教育10年を踏まえ、次の展望は(山田礼子)
巻末資料――1096学部の調査結果一覧

関連書籍
ページ上部へ戻る