タイトル 原子力と倫理
サブタイトル 原子力時代の自己理解
刊行日 2012年10月01日
著者 Th.リット著 小笠原道雄編 訳
定価 1800+税
ISBN 978-4-7989-0143-5
Cコード 1030
ページ数 128
判型 四六
製本 並製

ドイツの脱原発思想の源流となった、リットの提言!──核エネルギー問題は経済的問題、政治的問題として解決出来るものではなく、位相の異なる倫理的問題として、“人類に対する責任”という視点から考察・対応しなくてはならない。

編者 まえがき
凡 例
 Ⅰ テオドール・リット 第一論文 私たち自身、今の時代をどのように理解するか?
 Ⅱ テオドール・リット 第二論文 原子力と倫理―原子力の経済的、政治的、倫理的諸問題
 Th・リットの二つの「時局論文」(一九五七年)に関する解題
編者 あとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る