タイトル 国際法 第3版
刊行日 2016年4月6日
著者 浅田正彦 編
定価 2900円+税
ISBN 978-4-7989-1335-3
Cコード 3032
ページ数 560
判型 A5
製本 並製

近年における国際刑事法の急速な展開を受けて、第3版では第13章「国際刑事法」を新設。また、「イスラム国」(IS)の成立と欧米の武力行使、ロシアによるクリミアの編入、TPP合意、日本における平和安全法制の整備など最新の事例を取り入れ、大幅増補。展開著しい国際法各分野の学習、期末試験、各種国家試験への対応にも最適の国際法学徒必携の一冊。

第1章 国際法の基本構造(浅田 正彦)
第2章 法源・慣習法(柴田 明穂)
第3章 条約法(中野 徹也)
第4章 国家(王  志安)
第5章 国家の主権と管轄権(水島 朋則)
第6章 国家機関(村上 正直)
第7章 国際機構(黒神 直純)
第8章 国家領域(桐山 孝信)
第9章 国際化地域・空域・宇宙空間(柴田 明穂)
第10章 海洋法(田中 則夫/浅田 正彦)
第11章 外国人の法的地位(村上 正直)
第12章 人権の国際的保障(村上 正直)
第13章 国際刑事法(古谷 修一)
第14章 国際経済法(平  覚)
第15章 国家責任法(兼原 敦子)
第16章 国際環境法(高村 ゆかり)
第17章 紛争解決(山形 英郎)
第18章 国際安全保障法(浅田 正彦)
第19章 武力紛争法(新井  京)

関連書籍
ページ上部へ戻る