タイトル 大学生白書2018
サブタイトル いまの大学教育では学生を変えられない
刊行日 2018年8月20日
著者 溝上慎一
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-1513-5
Cコード C3037
ページ数 160
判型 A4
製本 並製

問題 
電通育英会と京都大学の溝上慎一教授によって2007年から通時的に行われてきた「大学生のキャリア意識調査」が捉えた大学生の実態とそこで表れた課題とは何か。

結論 
今の大学教育では学生を変えられない。

なぜそう言えるか?―本意識調査データから分かること―
①この10年間の全国の大学生の学びと成長をさまざまな観点から分析して、大学生はこの10年間ほとんど変わっていないか、観点によっては成長が落ちているといえる。全体で見ても、偏差値別に見ても、この結果は変わらない。

②文科省施策の観点からは、この10年は学士課程答申、質的転換答申をはじめ、大学教育による学習成果、内部質保証を目指す機関であった。その10年の結果がこれである。

どうするか?
①どのような特徴を持つ学生が新しい社会に適応できるのか、学び成長するのかという見方はずいぶん出そろってきている。本気で最後まで教育改革というレースを走り切ろうとしている大学はどこかを見定めていくのが、今後の課題である。

②中学校・高等学校から、先々の仕事・社会をある程度見据えながら生徒の資質・能力等を育て、大学や仕事・社会に彼らの学びと成長(バトン)を引き渡していく「トランジションリレー」が必要だ!

はじめに
「大学生のキャリア意識調査」質問リスト

第1章 「大学生のキャリア意識調査」の結果を読み解くために(解説)
1.「大学生のキャリア意識調査」の特徴
2.学び成長する学生のキャリア意識は高い
3.学習とキャリア意識はどのように繋がったか(1)
4.学習とキャリア意識はどのように繋がったか(2)
5.因果関係の捉え方
6.10年トランジション調査の結果より―大学生からでは資質・能力はなかなか育たない―
7.文科省施策の展開と関連づけて
第Ⅰ期 大学教育改革の始動(1991-1997年)
第Ⅱ期 組織的な教育改善の基盤づくり(1998-2007年)
第Ⅲ期 学士課程教育の質的転換に向けて(2008-2014年)
第Ⅳ期 高大接続を加えて学士課程教育の学修成果・内部質保証(2015年~現在)
8.まとめ

第2章 「大学生のキャリア意識調査」の結果
1.はじめに
2.調査概要
3.分析データ
4.主な結果
5.調査概要/分析データ

第3章 高等学校の卒業生調査、大学の数学IRベンチマークとして
1. 分析イメージ
2. ベンチマークとしての推奨項目
3. 調査の実施方法について

巻末付録1:『大学生のキャリア意識調査2016』調査票
巻末付録2:『大学生のキャリア意識調査2016』属性別の結果

関連書籍
ページ上部へ戻る