タイトル 大学経営とマネジメント
刊行日 2016年9月20日
著者 新藤豊久
定価 2500+税
ISBN 978-4-7989-1378-0
Cコード 3037
ページ数 256
判型 A5
製本 上製

管理運営から経営へ―大学経営のパラダイム転換
本書は大学経営の改革に長年とりくんできた著者の包括的「大学経営改革論」である。大学経営の評価指標を確立し、目標達成のバロメーターとして活用すること、また教員とともに職員を大学の知的人的資源として、その採用や養成法を提案するなど豊富な経験に裏づけられた理論的実践書である。著者は今日の大学経営の危機的状況に、大学の管理運営から経営へのパラダイム転換を強調すると共に、本書を通じて「大学経営学」の確立をめざした、大学関係者必読の労作である。

まえがき―大学の職員として
第Ⅰ部 大学の成果とは何か
第1 章 大学の成果とは何か―大学経営評価指標を基にした成果志向
第2 章 大学経営への成果指標の活用―〈大学経営評価指標〉の導入とその成果
第Ⅱ部 大学経営とは何か
第3 章 大学経営学の必要性
第4 章 UD概念構築の試み―大学の発展力について
第5 章 大学経営人材の方向とマネジメント
第Ⅲ部 マネジメントとガバナンス
第6 章 大学マネジメントからガバナンスへ―概念の差異
第7 章 私立大学のガバナンス改革とマネジメント―概念と具体的提言
第8 章 私立大学のガバナンス概念と構造―社会からの信頼
[付章]私立大学のガバナンス―マネジメント概念との差異について
第Ⅳ部 大学職員と経営マインド
第9 章 大学経営と大学職員の流動化
第10 章 経営マインドの養成―大学職員養成に向けて
あとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る