タイトル 居住福祉研究24
サブタイトル 熊本地震の現状と被災地の取り組み
刊行日 2018年1月31日
著者 日本居住福祉学会編
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-1486-2
Cコード C3036
ページ数 112
判型 A5
製本 並製

特集:熊本地震の現状と被災地の取り組み

巻頭言 住宅災害の階層性……………………………………………… 早川和男 3
日本居住福祉学会 2018 年度 第18 回全国大会予告 ……………………………… 4
記念講演 都市政策と居住思想………………………………………… 宮本憲一 5
■特集:熊本地震の現状と被災地の取り組み
 熊本地震のこれまでの経過と現状からみる居住支援の問題点…… 川﨑孝明 23
 福祉避難所の運営について…………………………………………  吉井壮馬 31
 災害ボランティアから見た被災者支援の課題と展望……………… 上田浩之42
  ―発災から2 週間、住民福祉活動の萌芽
 熊本地震とその現状:西原村から………………………………… 上村加代子49
■論 文
 救護施設における出所者の受入れ実態と課題……………………… 掛川直之 58
  ―地域生活定着支援センターとの連携に関する全国調査研究結果から
■居住福祉評論
 健康と住環境の関係…………………………………………………… 長井克之 74
  ―“家で病気になる”から“家で元気になる”へ!
 居住支援全国ネットワークの居住支援とその未来…………………… 芝田淳 83
■学会活動
 2017 年度日本居住福祉学会「居住福祉賞」受賞団体の紹介 …………………… 96
■居住福祉の本棚
 早川和男著『「居住福祉資源」の思想―生活空間原論序説』………… 神野武美 100
 M・マーモット著『健康格差―不平等な世界への挑戦』……… 小板橋恵美子 103

関連書籍
ページ上部へ戻る