タイトル 放射能汚染はなぜくりかえされるのか
サブタイトル 地域の経験をつなぐ
刊行日 2018年4月1日
著者 藤川賢・除本理史 編著
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-1494-7
Cコード C3036
ページ数 224
判型 A5
製本 並製

原爆から原発まで—不可視化される放射能「被害」のメカニズム

放射能汚染による被害は、その不可視性や晩発性、科学的知見が未確立であることなどによって、これまで過小評価されてきた。また、原爆と原発など事例ごとに経験が分断されやすく、共通の教訓を導き出すのが難しくなっている。本書は、広島・長崎での原爆投下をはじめJOC臨界事故や福島第一原発事故など、国内各地で起こった放射能汚染、原子力事故に関する詳細な分析を通して、被害の実態と、被害が過小評価されてきた構造的要因を明らかにする。過去から学び、同じ轍を踏まないための、まさに時宜を得た研究である。

はしがき

序 章 くりかえされる放射能汚染問題
—いかに経験をつないでいくか—(藤川賢)

第1章 「唯一の被爆国」で続く被害の分析
—戦争・原爆から原発へ—(尾崎寛直)

第2章 スティグマ経験と「差別の正当化」への対応
—長崎・浦上のキリスト教者の場合—(堀畑まなみ)

第3章 人形峠ウラン汚染事件裁判の教訓と福島原発事故汚染問題(片岡直樹)

第4章 鳥取の新しい環境運動をたどる
—青谷・気高原発立地阻止とウラン残土放置事件から3・11後へ—(土井妙子)

第5章 茨城県東海村におけるJCO臨界事故と東日本大震災(藤川賢)

第6章 「低認知被災地」における問題構築の困難
—茨城県を事例に—(原口弥生)—

第7章 福島原発事故における被害者の分断
—賠償と復興政策の問題点—(除本理史)

終 章 市民が抱く不安の合理性
—原発「自主避難」に関する司法判断をめぐって—(除本理史)

読書案内/あとがき/索引

関連書籍
ページ上部へ戻る