タイトル 教育と比較の眼
刊行日 2018年5月18日
著者 江原武一
定価 2600+税
ISBN 978-4-7989-1455-8
Cコード C3037
判型 四六
製本 上製

国際比較の「眼」を養い、日本の教育改革のあり方を再構築する!
中曽根政権期における臨教審設置以降の約30年、度々行われた日本の教育改革の実態は、競争力を成長原理とする新自由主義的な「小さな政府」による、国民の自助努力に強く依存したものであった。そしてグローバルな影響力が増大した今日、その方向性は芯がなくふらつき、日本に「ふさわしい」改革を見失ってしまっている。国際的な動向及び各国の対応などをふまえて日本の教育改革を相対化し、本当に「ふさわしい」教育改革を究明する本書は、行き詰まる日本の教育改革を啓蒙する、まさに渾身の労作である。

主要目次
まえがき
第一章 教育の国際的視点
第二章 日本の教育改革のゆくえ
第三章 公教育と価値教育
第四章 国際学力調査のインパクト
第五章 教育の国際化の課題
第六章 学校と生涯学習体系の構築
あとがき
引用・参考文献、索引

関連書籍
ページ上部へ戻る