タイトル 日中戦後賠償と国際法
刊行日 2015年02月26日
著者 浅田正彦
定価 5200+税
ISBN 978-4-7989-1283-7
Cコード 3032
ページ数 552
判型 A5
製本 上製

今日の日中間の諸問題を考える上で不可欠の労作
日華平和条約と日中共同声明との関係、戦後賠償訴訟、分裂国家に関わる複雑を極める日中間諸問題を、国際法に依拠して詳細的確に論究した労作。「西松建設事件最高裁判決の理論的基礎」との論評はじめ、法曹界における評価の高い論考の集大成として、今後の日中間の懸案解決に必須の書。

はしがき
序 章 問題の所在
第一章 日華平和条約締結の経緯
第二章 日華平和条約
第三章 日中共同声明
第四章 日本における中国関連の戦後賠償訴訟
第五章 残された問題
第六章 日華平和条約の終了の意味
第七章 日華平和条約の終了と条約法条約
第八章 日華平和条約終了声明の意味
    ─日華平和条約以外の日華間条約の存在
終 章 まとめ
補 論 西松建設事件および中国人慰安婦
    二次訴訟の最高裁判決
資 料
初出一覧
索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る