タイトル 暴走するアメリカ大学スポーツの経済学
刊行日 2016年10月10日
著者 宮田由紀夫
定価 2600+税
ISBN 978-4-7989-1384-1
Cコード C1033
ページ数 298
判型 四六
製本 上製

大学スポーツ暴走化の根源を斬る
アメフトはじめアメリカ大学スポーツの過熱化は、優秀選手への便宜供与等、不正・腐敗を生むばかりか、不正行為根絶を目指し設立された全米大学運動協会(NCAA)自体が、試合のTV放映権独占等、巨大な営利企業と化し、今や激しく批判を浴びている。本書は、これら事態の全てを鮮烈に描き出すと共に、暴走の根本原因・「スポーツでの活躍は大学に利益をもたらす」という、日本でも流布している幻想に経済学的分析のメスを入れた、わが国初の貴重な労作である。

はじめに
第1章 大学スポーツの歴史的発展―アメフトの誕生とNCAA
第2章 売手独占カルテルとしてのNCAA―テレビ放送をめぐる規制
第3章 買手独占カルテルとしてのNCAA―アマチュアリズムの虚像
第4章 大学スポーツの収支決算―直接的効果と間接的効果
第5章 NCAAのもたらす秩序―その維持と変化
おわりに―総括と日本への含意

関連書籍
ページ上部へ戻る