タイトル 比較教育学研究 52
刊行日 2016年2月5日
著者 日本比較教育学会編
定価 1,800 +税
ISBN 978-4-7989-1331-5
Cコード 3037
ページ数 256
判型 A5
製本 並製

-第51回大会報告-
特集 災害後のコミュニティ復興と教育の役割

論文
  教育実践を統べる学びの論理 ……………………… 荻巣 崇世…… 3
   ―カンボジアの児童中心の教授法改革への示唆―
  中国における私立義務教育規模の規定要因に関する省別パネルデータ分析 …………………………… 高  暁楠…… 26
  インド高等教育における連邦と州の関係 ……… 渡辺 雅幸…… 47
   ―大学教員資格試験制度に着目して―
  ギムナジウム上級段階のドイツ語科に求められる新たな能力 …………………………………………… 吉川  永…… 68
   ―教育課程基準にみるメディアへの取組に着目して―
  イギリスにおける国際バカロレア認証に伴う資格試験制度変容に関する研究 ……………… 花井  渉…… 90
  ニュー・パブリック・マネジメント型教育改革の成立条件 ………………………………………………… 中村 浩子…… 113
   ―ニュージーランド「明日の学校」改革における五つの潮流―

大会報告
  特集(課題研究Ⅱ) 災害後のコミュニティ復興と教育の役割
  特集の趣旨 ………………………………………………… 杉村 美紀…… 138
  災害後における教育機会の展開と新たなコミュニティの創出 ……………………………… 大倉健太郎…… 140
   ―米国ニューオーリンズ市のハリケーン・カトリーナを事例に―
  コミュニティの復興における生涯学習・社会教育の重要性 …………………………………………………… 西井 麻美…… 156
  津波災害後のスリランカにおける持続可能な地域社会の構築 ……………………………………… 丸山 英樹…… 168
   ―ノンフォーマル教育研究の観点から―
  災害時における学校対応と復興 …………………… 高橋  望…… 178
   ―ニュージーランド・カンタベリー地震を事例として―
  ATENE-STD. 比較教育学研究52_入稿.indd 3 2016/01/26 15:27:52iv
  3・11の被災地福島の再生と復興教育プログラム………………………………………………… 吉高神 明…… 190 マクマイケル・ウィリアム  
  課題研究Ⅰ 比較教育の観点からみた日本の大学入試改革(論) …………………………… 藤井佐知子…… 203
  公開シンポジウム  多文化共生社会における教育 ……………………………………… 上原 秀一…… 208

〈書評〉
  青木利夫著『20 世紀メキシコにおける農村教育の社会史
    ―農村学校をめぐる国家と教師と共同体―』 … 斉藤 泰雄…… 214
  松尾知明著『21 世紀型スキルとは何か―コンピテンシーに 基づく教育改革の国際比較―』 ………………… 福田 誠治…… 217
  李霞著『文革後中国基礎教育における「主体性」の育成』 … 植村 広美…… 220 
  金子勉著『大学理念と大学改革―ドイツと日本―』 …… 木戸  裕…… 223
  北村友人著『国際教育開発の研究射程―「持続可能な社会」の ための比較教育学の最前線―』 ………………… 黒田 一雄…… 226

〈文献紹介〉
  黒田一雄・北村友人編
  『ユネスコ国際教育政策叢書・全12 巻』 ………………… 北村 友人…… 229
  坂野慎二・藤田晃之編著
  『海外の教育改革』 …………………………………………… 坂野 慎二…… 230 
  Jin Yang, Chripa Schneller and Stephen Roche (Eds.)
  The Role of Higher Education in Promoting LifelongLearning ……………………………………………………… 澤野由紀子…… 231
  深堀聰子編著
  『アウトカムに基づく大学教育の質保証
   ―チューニングとアセスメントにみる世界の動向―』 ……… 深堀 聰子…… 232 
  Keiichi Ogawa & Mikiko Nishimura (Eds.)
  Comparative Analysis on Universal Primary Education
  Policy and Practice: The Cases of Ghana, Kenya,Malawi, and Uganda. ……………………………………… 西村 幹子…… 233
  日本比較教育学会会則(235) 細則(238) 倫理綱領(240) 紀要刊行規定(240)紀要投 稿要領(241) 平塚賞規定(244) 紀要編集委員会委員  名簿(245) 役員一覧(246)〈編集後記〉 …………………………………………………………………………247

関連書籍
ページ上部へ戻る