タイトル 現代行政学とガバナンス研究
刊行日 217年03月31日
著者 堀 雅晴
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-1424-4
Cコード C3032
ページ数 240
判型 A5
製本 上製

トップダウン型からボトムアップ型統治へのパラダイムシフト―新時代のガバナンス研究
21世紀、行政学が伝統的に対象としてきたヒエラルキー的なトップダウン型の統治構造―ガバメント―からの転換が求められている。つまりグローバル化が加速する今日、NGOやNPO、個人との相互作用の中で水平化した、新たな政治空間が表出しているのである。本書はこの新たな政治空間としてのノンヒエラルキー的でボトムアップ型の統治構造―ガバナンス―の理論的課題を探求し、国家の見方を根本的に立て直すことで現代行政学に一石を投じる、まさに気鋭の研究である。

はしがき
序章 ガバナンス研究の見取図
第Ⅰ部 ガバメント研究としての現代行政学
第1章 日本行政学の過去・現在・未来
第2章 現代行政学の位相
―現代米国行政学の自画像を手がかりに―
第Ⅱ部 ガバナンス研究としての現代行政学
第3章 ガバナンス研究の新展開
―学説・概念・類型・論点―
第4章 ガバナンス研究の回顧と展望
―代表的な三つの見解から―
第Ⅲ部 事例研究からのガバナンス研究
第5章 大学界のガバナンス研究
第6章 スポーツ界のガバナンス研究
終章 ガバナンス研究の展望
―マルクスのアソシエーション論への包摂―
参考文献
あとがき
索引

関連書籍
ページ上部へ戻る