タイトル 白老における「アイヌ民族」の変容
サブタイトル イオマンテにみる神官機能の系譜
刊行日 2018年1月20日
著者 西谷内博美
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-1450-3
Cコード C3036
ページ数 176
判型 A5
製本 上製

「アイヌ」とはだれか?—民族アイデンティティと近代化の葛藤
アイヌ民族が、飼い熊を神の世界に送る儀式——イオマンテ——。近代化に伴う劇的な社会環境の変化は、その儀礼儀式に様々な変化をもたらし、それは同時に、個々人の「アイヌ」アイデンティティにも大きな影響を与えた。本書は、明治以降に行われた52件にのぼるイオマンテの史料をたどり、同時代の社会とイオマンテとの関係性を捉えることで、「アイヌ」なるものを創り上げてきた本質へと接近する、挑戦的力作である。

はしがき (i)
序 章 ........................................................................................................................... 3
1 本書の目的と方法 ................................................................................................. 3
1 目的:断続的歴史観から連続的歴史観へ (3)
2 位置づけ:新しい「民族」理解への試み (5)
3 方法:白老とイオマンテ、4 つの時代区分と8 人の主人公 (11)
2 アイヌ民族について ............................................................................................. 15
1 人口と分布 (15)
2 生活実態調査にみる民族境界 (17)
3 アイヌらしさ (18)
3 伝統的イオマンテについて ................................................................................. 20
1 イオマンテの世界観 (20)
2 イオルを管理する機能 (20)
3 その他の機能 (21)
4 白老について ........................................................................................................ 23
1 白老川流域 (23)
2 シラオイの歴史 (24)
3 江戸末期のシラオイコタン (26)
第1 章 天覧のイオマンテ(明治14 年)―外交のツール .............................31
1 天覧のアイヌ熊祭り ............................................................................................ 32
2 外交のツール ....................................................................................................... 34
3 自律的な社会集団 .............................................................................................. 37
4 まとめ:村落共同体 ........................................................................................... 39
第2 章 観光のイオマンテ(昭和7 年)―ビジネス戦略 .............................. 43
1 一般来観歓迎の熊祭り ...................................................................................... 44
1 盛大に執り行う (44)
2 ビジネス戦略:ヌサの位置の変更 (46)
2 大正~昭和初期の社会環境 ............................................................................. 47
1 人口比率 (47)
2 経済環境の急激な変化 (48)
3 自治組織の変容 (49)
4 観光ビジネスの始まり (52)
3 文化の担い手 ....................................................................................................... 54
1 神官機能 (54)
2 神との交渉 (56)
4 まとめ:アイヌ民族としての自信と誇り ............................................................ 57
第3 章 「最後」のイオマンテ(昭和35 年辺り)―蔑視と憧憬のジレンマ ..... 63
1 「目覚めたアイヌ」とイオマンテ ........................................................................ 64
1 観光イオマンテに対する嫌悪 (64)
2 「目覚めたアイヌ」によるイオマンテ (67)
2 アイヌ民族の近代化 ............................................................................................ 70
1 アイヌ・コミュニティの近代化 (70)
2 近代化と和人化 (71)
3 「アイヌ民族」共同体の誕生 (74)
3 森竹竹市の葛藤 .................................................................................................. 76
1 希望と挫折 (76)
2 和人エリートとの交流 (78)
3 生涯の敵―蔑視 (80)
4 過去と現在の切り分け ....................................................................................... 82
1 内部からの改革努力 (82)
2 「アイヌ民族」への愛着 (85)
3 「目覚めたアイヌ」の結論 (87)
5 まとめ:「アイヌ民族」を終わらせる ................................................................ 89
第4 章 イオマンテの再生(平成元~ 6 年)―名誉の回復 .............................. 93
1 白老流のイオマンテの復活 ................................................................................ 94
2 対外的な要請:「アイヌ民族」の存在証明 .................................................... 96
1 先住民族復権の潮流 (96)
2 野村義一の民族運動 (98)
3 「アイヌ民族」の有力なアイコン (102)
3 対内的な要請:「アイヌ民族」の文化的連続性の補強 .............................. 104
1 イオマンテを復活させることのハードル (104)
2 文化の担い手としての自信を取り戻す (106)
4 観光を介した「神官」機能の系譜 ................................................................ 108
1 アイヌ観光の拡大 (109)
2 観光コタンの移設 (111)
3 政治機能の系譜―地縁型住民組織からテーマ型市民団体へ (115)
5 まとめ:アイヌ民族ここにあり ......................................................................... 118
終 章 ........................................................................................................................127
1 白老における「アイヌ民族」の変容 .............................................................. 127
2 白老における「アイヌ民族」の未来 .............................................................. 131
付録 明治以降の白老のイオマンテ記録一覧 (135)
参考文献 (144)
あとがき (153)
索 引 (156)

関連書籍
ページ上部へ戻る