タイトル 社会調査における非標本誤差
刊行日 2017年2月20日
著者 吉村治正
定価 3200+税
ISBN 978-4-7989-1413-8
Cコード C3036
ページ数 248
判型 A5
製本 上製

非標本誤差の総合的考察
―「あてになる調査」のために

社会科学の対象認識は社会調査によって得られた成果に依存し「科学」たらしめているが、今日の社会調査には「あてにならない」ものも多数横行していることは事実であろう。その調査結果が信頼に値するかどうかは、社会調査における人為的なミスつまり統計的に予測できない誤差の発生に由来している。本書はこの非標本誤差について総合的に考察し「あてにできる」調査になる方途を豊富な経験に基づき定式化した本格的労作である。

第1章 社会調査と誤差
第2章 総調査誤差アプローチ
第3章 網羅誤差
第4章 非回答誤差Ⅰ―回答率の低下
第5章 非回答誤差Ⅱ―回答率と偏りの関係
第6章 非回答誤差Ⅲ―非回答の理論
第7章 測定誤差Ⅰ―質問文に起因するもの
第8章 測定誤差Ⅱ―調査員に起因するもの
第9章 測定誤差Ⅲ―回答者に起因するもの
第10章 集計誤差
終 章 ―「あてになる」調査の難しさ

関連書籍
ページ上部へ戻る