タイトル 米国高等教育の拡大する個人寄付
刊行日 2018年1月10日
著者 福井文威
定価 3600+税
ISBN 978-4-7989-1472-5
Cコード C3037
ページ数 304
判型 A5
製本 上製

市場化する大学、その生存を左右する寄付制度の論理とは―。
市場化が進むアメリカの大学では、1980~90年代に拡大した個人寄付が重要な財源となっている。本書は、アメリカの寄付制度に関わる政策に着目し、株式などの「評価性資産」の寄付を政府が推進させてきたことに、この寄付拡大の要因を求めている。この研究成果は、内閣府による「経済財政運営と改革の基本方針2017(「骨太の方針」)」の中に「国立大学に対する評価性資産の寄附の促進策の検討」という文言が入るきっかけともなるなど、学界のみならず行政当局からも注目を集める、気鋭の労作である。

はじめに
序 論
第1章 先行研究のレビュー
第2章 米国の高等教育における個人寄付の概要
第3章 米国の高等教育と連邦寄付税制の変遷
第4章 米国の高等教育における個人寄付の時系列分析
第5章 米国の高等教育における個人寄付のパネル分析
第6章 結 論
文献目録
あとがき
索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る