タイトル 聖書と科学のカルチャー・ウォー
サブタイトル 概説 アメリカの「創造 vs 生物進化」論争
刊行日 2017年12月25日
著者 原著者:Eugenie C. Scott 訳者:鵜浦裕・井上徹
定価 3600+税
ISBN 978-4-7989-1470-1
Cコード C3030
ページ数 328
判型 A5
製本 上製

「神か、科学か」それとも「神も、科学も」か―。
アメリカ社会では人類生誕の起源をめぐる「創造vs生物進化」論争が延々と続いている。創造論と生物進化論の歴史はそれぞれ過去数百年に渡り、その時間はまた対立の歴史でもある。ダーウィンが与えた衝撃、二〇世紀初頭のスコープス裁判、一九六〇年代教科書における生物進化論の復活から今日のネオ創造論までを含んだ、種の起源をめぐる創造論と生物進化論の果てなき論争に関する包括的概説書。

 訳者はしがき
 序文:ダーウィンだけは今でも超えがたい N・エルドリッジ
 第2 版序文  判事 ジョン・E・ジョーンズ3 世
 まえがき
 謝 辞
序 章 創造論を支える三本柱
1 生物進化論には重大な理論的欠陥がある
2 生物進化論は宗教と相容れない
3 生物進化論の偏重を正し「バランスを取る」
4 3 本の支柱を具体的な状況で紐解く
第一部 科学と生物進化論、宗教と創造論
第1章 科学:真理は確定できない
1 知識を得る方法
2 直接実験
3 間接実験
4 証明と反証
5 事実、仮説、法則、理論
6 生物進化と検証
7 創造論と検証
8 まとめ
第2章 生物進化論
1 進化 その広い意味と狭い意味
2 天文学および化学における進化
3 生命の起源
4 生物学が扱う進化
5 生物学が扱う進化の主要原理
6 そのカブトムシを分類する
7 ヒトはサルから進化したのか?
第3章 信仰:宗教、創造論、そして自然主義
1 宗 教
2 宗教と説明
3 創造論
4 起源神話
5 アメリカの諸宗教
6 創造論/生物進化論の連続体
7 宗教、科学、哲学的自然主義

第二部 「創造vs生物進化」論争の歴史
第4章 ダーウィン以前から20 世紀まで
1 ダーウィン以前:静態vs動態
2 ダーウィンが成し遂げたこと
3 対立の背景
4 アメリカの反生物進化論

第5章 生物進化論を排斥し、創造科学を
構築する
1 増大する危機
2 デイトンの対決
3 スコープス裁判の後遺症
4 進化する創造科学

第6章 ネオ創造論
1 「エドワーズ対アギラード」判決とネオ創造論
2 生物進化論に対する科学的な代替理論: 突如出現説
3  生物進化論に代わる科学理論:インテリジェント・デザイン論
4 生物進化論を否定する証拠

第7章 法廷で裁かれるインテリジェント・
デザイン論と生物進化論を否定する証拠
1 裁かれるインテリジェント・デザイン論
2 創造論にとって代わる生物進化論を否定する証拠
3 ドーヴァー後の予想

 訳者あとがき 井上 徹
 バイブル・イシューとしての「創造vs生物
進化」論争 鵜浦 裕
 人名索引
 事項索引

関連書籍
ページ上部へ戻る