タイトル 「学校協議会」教育効果に関する研究
サブタイトル 「開かれた学校づくり」のエスノグラフィー
刊行日 2007年12月25日
著者 平田淳 著
定価 5600+税
ISBN 978-4-88713-802-5
Cコード 3037
ページ数 472
判型 A5
製本 上製

「学校協議会」で子供は成長するのか?
「開かれた学校づくり」の必要性が指摘されて久しいが、そこにはどのような教育効果があるのだろうか。本書は、管理職、教師、子ども、親などの代表から構成され、協働しながら合意を形成するための合議制機関である「学校協議会」を通した「開かれた学校づくり」によって、これら教育当事者が何を得るのかを、エンパワーメントの視点から実証的に分析した労作である。

第1章 課題の設定
第2章 先行研究のレビュー、概念枠組みと理論的視座
第3章 学校協議会を取り巻く関連諸改革
第4章 リサーチデザイン
第5章 ケース1:任意設置の学校協議会
(X高等学校協議会のエンパワーメント機能)
第6章 義務設置の学校協議会
(Y高等学校協議会のエンパワーメント機能)
第7章 学校協議会で子どもは成長するのか?
(ケース間分析を通して調査設問に答える)

関連書籍
ページ上部へ戻る