タイトル 【越境ブックレットシリーズ第0巻】教育の理念を象る
サブタイトル 教育の知識論序説
刊行日 2019年06月25日
著者 田中智志
定価 1200+税
ISBN 978-4-7989-1567-8
Cコード 3037
ページ数 160
判型 A5
製本 並製

「感受性」を礎とした、自己と他者との共存在に向けて―。
「人格」・「陶冶」・「経験」・「知性」・「超越」-これら教育学の主要理念をハイデガーの存在論的思考を通して脱通念化・再構成することによって、一人ひとりが〈見えないもの〉を感受・思惟する想像的営為の重要性を指南する。「知識の教育」に至る前提としての「人の教育」のあり方を説いた方法論的序説。

刊行の辞―越境ブックレットシリーズの考え方
はしがき
序 論 自己創出への支援
1 何が「人格」と呼ばれるのか―ペルソナの歓び
2 何が「陶冶」と呼ばれるのか―人の自己創出
3 何が「経験」と呼ばれるのか―人の自然の想像力
4 何が「知性」と呼ばれるのか―見えない全体を象る
5 何が「超越」と呼ばれるのか―想起される歓び
結 論 教育の理念を象る―犠牲の機制を離れて
文 献/あとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る