タイトル 【越境ブックレットシリーズ第1巻】知識論
サブタイトル 情報クラウド時代の”知る”という営み
刊行日 2019年06月25日
著者 山田肖子
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-1566-1
Cコード 3037
ページ数 120
判型 A5
製本 並製

学問分野の枠組みを越え、「知識」を問い直そう―。
インターネットで検索すれば出てくる情報を無批判に受容したものは、その人の「知識」とは言えない。得た情報を吟味して、自己の価値判断に基づいた目的の探求をつなぐことで、「知識」としての体系化がはじめて進む。そうして再生成された「知識」が、社会構造そのものを変革しうる力となるのである。

序文―本シリーズの考え方
1 はじめに―知識への不安とクラウド化
2 「学校化」と「脱学校」
3 〝学ぶ〟という行為
4 知識は誰のものか
おわりに―知識生成と活用の自由化
引用・参考文献

関連書籍
ページ上部へ戻る