タイトル ひとおもい 創刊号
刊行日 2019年08月20日
著者 木田 直人・鈴木 泉・乗立 雄輝・松永 澄夫編
定価 2500+税
ISBN 978-4-7989-1581-4
Cコード 3010
ページ数 288
判型 A5
製本 並製

哲学を創造する年刊誌。
ー人を想い、ひとおもいに熱く、ひとつの思いをー

「さまざまな当事者」として、障がい者支援・反差別・観光・原発被災にかかわる「当事者」たちの営為を記した特集計4点。
「私がもっとも自分らしくいる時・生きていると感じる時」を題材に、キャスター、作家、大学教員、弁護士、翻訳家、大学生など多様な職種・年齢層の人々によるコラム計10点。
「哲学が役に立った経験」のアンケート回答計11点。論考6篇。エッセイ2篇。
現代社会における新たな哲学的思索創造の試み、待望の創刊号。

創刊の辞 (木田直人)

特集 さまざまな当事者
特集に当たって (伊東俊彦) 
「当事者」のアートとしての「アール・ブリュット」 (伊東俊彦) 
 ―浦河ひがし町診療所の取り組みから―
非当事者による反差別 (高橋若木) 
 ―「ポリティカル・コレクトネス」から考えるー
地域文化観光における価値の発見・伝達・創造 (原 一樹) 
 ―高野山を訪れる外国人観光客調査を手がかりに―
〈場所〉とその記憶 (佐藤香織)
 ―二〇一一年三月一一日以降の福島県双葉郡富岡町を起点として―
 
コラム特集  私が最も自分らしくいると感じるとき・生きていると感じるとき…
安藤優子・小野寺容資・後藤正治・酒井厚・佐藤菜美・柴田元幸・鈴木萌花・髙井伸夫・鮒谷周史・横田 仁

アンケート  哲学が役に立った経験

論 文1
自信のもちかた (木田直人) 
相互性について (伊多波宗周) 
分類するとは意味づけ、評価し、分類相手に対する態度の大枠を設定すること(松永澄夫)

エッセイ
わたしを見つめるわたし (酒井一途) 
祈りについて (鈴木 泉) 

論 文 2
アニメ・エクスペリエンス①:速度の芸術としてのアニメ( 川口茂雄)
 ―『宇宙よりも遠い場所』ー
始まりがないことについて (乘立雄輝) 
「ある」と「べき」 (木村史人) 

執筆者紹介

関連書籍
ページ上部へ戻る