タイトル オバマ後のアメリカ政治
サブタイトル 2012年大統領選挙と分断された政治の行方
刊行日 2014年03月31日
著者 吉野孝・前嶋和弘 著
定価 2500+税
ISBN 978-4-7989-1202-8
Cコード 3031
ページ数 256
判型 A5
製本 並製

「オバマ再選」の分析に見るアメリカ政治の苦悩
従来多くの大統領の再選を阻んできた経済低迷の中、オバマは2012年選挙でなぜ勝ったのか、また共和党の下院支配という「分割政府」の下、その政策理念をどう推進してゆくのか――選挙の争点、メディアの役割、両党の選挙戦略、市民各層の投票行動等、本書の多面的分析から見えてくる、わが国にも大きく影響するアメリカ政治の実際と“オバマ後”の展開の可能性

プロローグ 吉野 孝
第1章  2012 年共和党大統領候補者指名の分析 今村 浩
第2章  2012 年選挙とメディア: 争点と新しい変化 前嶋 和弘
第3章  選挙アウトリーチと2012 年オバマ再選選挙 渡辺 将人
第4章  悪い経済状態にもかかわらずなぜオバマが勝ったのか: Waseda American Voter Survey2012 の分析 飯田 健
第5章  連邦議会指導部によるコミュニケーション戦略の発達と2012 年連邦議会選挙 松本 俊太
第6章 オバマ政権2期目の外交課題 高畑 昭男
第7章  評価と展望: 連邦政府の機能障害の克服と“オバマ後” のアメリカ政治 吉野 孝
エピローグ 吉野 孝

関連書籍
ページ上部へ戻る