タイトル クリティーク 多文化、異文化
刊行日 2010年6月1日
著者 馬渕仁著
定価 2400+税
ISBN 978-4-88713-995-4
Cコード 3037
ページ数 246
判型 四六
製本 上製

架橋を阻む文化本質主義を超えて他国の文化・規範に接しそれを内面化しうる「国際理解能力」と、自国の伝統的規範を尊重しそれに立脚した「日本人性の確立」──この二つの目標の間に当然生じうる葛藤・衝突を無視した現在の一般的風潮の下では、多文化共生も異文化理解も、実効を欠いた理念的・規範的言説にとどまるだろう。諸文化間に侵し難い本質的差異を想定し、結局日本人性固守に帰着する「文化本質主義」を超えて、新たな異文化間架橋の途を具体的に追求した力作。

第1部 多文化主義の葛藤
 第1章 多文化主義とその課題
 第2章 多文化主義へのまなざし―オーストラリア多文化主義とその歩み
 第3章 多文化主義のリアリティ―多文化教育の行方 
 第1部のまとめ―多文化共生の課題
第2部 異文化理解の陥穽
 第4章 英語教育にみられる文化の捉え方
 第5章 日本人論の問題
 第6章 異文化理解と文化本質主義
第3部 本質主義からの解放
 第7章 「文化本質主義」脱却への模索―職場での試み
 第8章 「異文化間教育」の捉え直し―学会における試み
 第9章 文化の捉え方をめぐって―活路はあるのか?
参考文献
索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る