タイトル ストーリー中心型カリキュラムの理論と実践
サブタイトル オンライン大学院の挑戦とその舞台裏
刊行日 2014年03月31日
著者 根本淳子・鈴木克明 編
定価 3400+税
ISBN 978-4-7989-1228-8
Cコード 3037
ページ数 256
判型 A5
製本 並製

新たな実践型カリキュラムへの絶好のガイドブック
現実を反暎したストーリーが提供され、学習者は登場人物として場面ごとの課題に応答する――こうした疑似体験により学習者の実践能力向上を目指すのがストーリー中心型カリキュラム(SSC)であり、今後多くの実践的学習での活用が予想される。本書は、熊本大学大学院の社会人学生対象のSSCを実例に、ストーリーの学習からその企画・開発へと導く詳細な紙上体験をはじめ、理論から実践までSSCを包括的に学ぶことができる、絶好のガイドブックである。

第1 部 オリジナルSCC 作成を目指して
 第1 章 SCC とは何か
 第2 章 熊本大学SCC 紙上体験(1)入学前オリエンテーション
 第3 章 熊本大学SCC 紙上体験(2)前期:MTM 社中途入社の差
 第4 章 熊本大学SCC 紙上体験(3)後期:e ラーニング推進機構インターンの巻
 第5 章 SCC 導入の波及効果
 第6 章 オリジナルSCC企画書を作ろう
第2 部 熊本大学SCC の舞台裏
 第7 章 熊本大学SCC の全体設計の舞台裏
 第8 章 e ラーニングシステムの舞台裏
 第9 章 運用の舞台裏を支えるSCC チーム
第3 部 ストーリーをめぐる研究
 第10 章 ストーリーを活用した研究の動向
 第11 章 ストーリーを活用した学習設計支援
 第12 章 デザイン研究手法を用いた実践研究

関連書籍
ページ上部へ戻る