タイトル バングラデシュ農村の初等教育制度受容
刊行日 2007年12月25日
著者 日下部達哉 著
定価 3600+税
ISBN 978-4-88713-801-8
Cコード 3037
ページ数 216
判型 A5
製本 上製

途上国住民にとって「教育」とははたして何か
いまだ途上国教育研究の大半を占める公的機関による「上からの」「普及」の視点、すなわち統計数値を中心とした量的側面からの研究を転換・深化し、「下からの」「受容」の視点、すなわち農村住民が近代的教育にいかなる意味を見いだし、自らのライフコースに組み入れているかという、「教育の質」の問題をバングラデシュの多様性を反映する四つの地域のフィールドワークを通じ、徹底追求した労作。

序章 バングラデシュ教育研究の課題
第1章 国内比較分析の手法を用いたバングラデシュ教育研究の枠組み
第2章 バングラデシュにおける初等教育拡充製作
第3章 萌芽的受容――カラムディ村の事例
第4章 親和的受容――カタルバリア村の事例
第5章 葛藤的受容――ブラフモンバリア県コジバ郡ソイダバッド村の事例
第6章 自律的受容――チッタゴン県ラオジャン郡ゴヒラ村の事例
終章 初等教育制度受容の共通性と多様性
参考文献/事項索引/人名索引

関連書籍
ページ上部へ戻る