タイトル フクシマとチェルノブイリにおける国家責任
サブタイトル 原発事故の国際法的分析
刊行日 2013年04月01日
著者 繁田泰宏著
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-0168-8
Cコード 1032
ページ数 104
判型 A5
製本 並製

アルメニアが、原子炉格納容器のない「世界で最も危険な原発」と言われるメツァモール原発を、地震多発地帯の活断層直近において未だに稼動させているように、我が国が脱原発政策を進めて行くか否かにかかわらず、多くの国で原発は稼働し、原発建設も増大し続けている。そのような状況の中、原発事故が発生した国の国際法上の国家責任という観点から、福島原発事故とチェルノブイリ原発事故を検討し、原発事故の防止義務、損害の救済といった、原発との「共存の国際法」を探る必読の書。

はじめに―原発との「共存の国際法」の必要性
 第一章 自国領域内で原発事故が発生した国の国家責任に関する規則
 第二章 チェルノブイリ原発事故の国際法的評価
 第三章 福島原発事故の国際法的評価
おわりに―「原発安全神話」を超えて参考文献

関連書籍
ページ上部へ戻る