タイトル 大学史研究24号
サブタイトル 世界の大学改革─伝統と革新
刊行日 2010年10月1日
著者 大学史研究会編
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-0027-8
Cコード 3037
ページ数 176
判型 A5
製本 並製

充実した研究を積み重ね本号より初めて市販

「世界の大学改革-伝統と革新-」をめぐって(児玉善仁)
ヨーロッパの高等教育改革とドイツの大学(木戸  裕)
実業界は大学に何を求めたのか(福石 賢一)
初期植民地カレッジとランド・グラント・カレッジ(立川 明)
国立大学における「個性化」と「標準化」の相剋(大川一毅)
19世紀オックスフォード大学における試験、教養教育、チュートリアル制度(マーク・カートイス/中村勝美訳)
研究ノート
皇学館大学の国立移管論について(大平和典)

書評
池端次郎著『近代フランス大学人の誕生―大学人史断章』(大嶋 誠)
潮木守一著『フンボルト理念の終焉?―現代大学の新次元』(赤羽良一)
老川慶喜、前田一男編著『ミッション・スクールと戦争―立教学院のジレンマ』(辻 直人)

関連書籍
ページ上部へ戻る