タイトル 大学戦略経営論
サブタイトル 中長期計画の実質化によるマネジメント戦略
刊行日 2010年11月1日
著者 篠田道夫編
定価 3400+税
ISBN 978-4-7989-0016-2
Cコード 3037
ページ数 360
判型 A5
製本 上製

「戦略経営」の原理・手法・実践の確立のために中長期計画が単に存在するだけでは、それは絵に画いた餅だ。今日の大学改革通有の欠陥─計画の完全実質化頓挫の原因は何か。今こそ停滞打破に向け、新の「戦略経営」推進の時だ。私学高等教育研究所が行った大学経営実態調査の分析に基づき、そこに共通する戦略経営の原理・手法を析出すると共に、多くの実践事例を通じ、現場の目線で戦略実践の方途を追求した本書は、類書にない実践性を漲らせた、改革に取り組む教職員必読の書である。

はじめにー今なぜ戦略経営が求められるか
第1章 戦略経営構築の基本手法.基本指標
 第1節 戦略経営構築の基本手法
 第2節 戦略経営の基本指標
第2章 戦略的マネジメントの実践事例-22大学の経営改革の実際
第3章 戦略経営の確立に向けて
 第1節 各大学の経営改革に共通する原理
 第2節 教学経営の確立
 第3節 管理者像.リーダーシップの発揮
 第4節 理事会実態アンケート調査を読む
 第5節 日本福祉大学のマネジメント
 第6節 国立大学法人のマネジメント
 第7節 評価を改革に生かす
 第8節 財政、人事・人件費政策の確立
第4章 戦略経営を担う職員
 第1節  新たな大学職員像を求めて
 第2節 職員の開発力量をいかに養成するか
 第3節 職員の経営.管理運営参画
 第4節 大学職員の固有の役割(労働)とは何か
終 章 戦略経営の確立こそが大学の未来を切り開く
あとがき
参考文献初出一覧

関連書籍
ページ上部へ戻る