タイトル 大学自らの総合力
サブタイトル 理念とFDそしてSD
刊行日 2010年6月1日
著者 寺崎昌男著
定価 2000+税
ISBN 978-4-7989-0001-8
Cコード 3037
ページ数 184
判型 四六
製本 上製

いま大学を救う幅広い総合力とはFDは教員の授業能力向上だけを、SDは職員の事務能力改善だけを意味しない。行政や社会の政策的要請に追われた対症療法的改革を超え、歴史が培った理念と建学の精神に立ち、大学の刷新に繋がるもの──それは全てFD・SDだ。それら創意と研究が生み出し、導き出した、大学自らの幅広い総合力こそが大学を救う。著者積年の思考を凝集した渾身の時論集。

はじめに
第1章 大学の理念―それをどう考えていくか
第2章 大学の量的拡大・水準維持・未来
第3章 「学部」―それは何か
第4章 大学教員はいかなる意味で教育者か:大学教育学会大会基調講演―初・中等学校教員との対比において考える
第5章 FD・SDを「わがこと」とするために―大学政策の変転とサバイバルのもとで考える
第6章 職員のための「大学リテラシー」試論
第7章 自校教育はなぜ重要か
第8章 大学改革と大学アーカイヴズの役割―今求められているもの
索引

関連書籍
ページ上部へ戻る