タイトル 家族のデザイン
刊行日 2008年01月30日
著者 小長谷有紀 編
定価 1800+税
ISBN 978-4-88713-807-0
Cコード 0330
ページ数 224
判型 四六
製本 並製

制度化された家族観を超えて
多様かつ変容し続けるのが家族の歴史的実態だ。少子高齢社会の現実を見据え、通念を超えた新たな現代家族の創出をめざす。

第一章 家族への冒険
 一 「出生の秘密」とは何か
 二 継子の描かれ方
 三 「捨て子」をめぐる言説
 四 日本の近世、韓国・朝鮮の場合
 五 現代の表象
第二章 ポストモダンの出産と家族
 一 社会の変貌――冷たい社会から熱い社会へ
 二 リプロダクションの現在
 三 出産の移り変わり――前近代からポストモダンまで
 四 パラダイムの変換――産み方と家族
 五 新しい家族の創造に向けて――自然/文化、そして人工
第三章 女性と家族――少子化のゆくえ(はじめに
 一 女性の社会的地位とジェンダー・システム 
 二 わが国の少子化と女性の社会的地位
 三 わが国の家庭内ジェンダー関係
 四 仕事と家庭の両立への政策的支援
 五 女性と家族から見た少子化のゆくえ
第四章 《座談会》家族のデザイン

関連書籍
ページ上部へ戻る