タイトル 居住福祉研究16
サブタイトル 東日本大震災と居住福祉
刊行日 2013年12月01日
著者 日本居住福祉学会編
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-1205-9
Cコード 3036
ページ数 112
判型 A5
製本 並製

居住の視点から東日本大震災後の対応を批判。

巻頭言 深沢晟雄 語録集
■特集:東日本大震災と居住福祉
 東日本大震災の被災避難者の状況について(古部真由美)
 東日本大震災からの復興―女川町からのレポート(黄川田喜蔵)
 被災三県における外国籍等市民当事者による支援システム構築(山口幸夫)
 「強制立退き・強制移住と居住福祉研究」の提言(早川和男)
 第11 回日中韓居住問題国際会議「防災と居住の安全」報告(野村恭代)
  1.防災と居住福祉資源の意義(早川和男)
  2.減災のための居住福祉環境整備と安全技術(山口幸夫)
  3.居住福祉のための防災施策(中山 徹)
■論 文
 本人を主体とした新たな居住支援の展開(野村恭代)
■居住福祉評論
 ソーシャルワーカーにとっての居住支援(貴島日出見)
 居住福祉社会論の焦点と構想(野口定久)
 自然治癒力を高める居住福祉の課題(大本圭野)
■ 2013 年度「日本居住福祉賞」の贈呈
 社会的入院の精神障碍者を地域社会へ―宇和島地域の取り組み
 高齢者福祉施設を真の地域の居住福祉資源に
■居住福祉の本棚
 『居住福祉産業への挑戦』について(神野武美)
 鈴木静雄・神野武美編著『居住福祉産業への挑戦』(平井 勉)
 新建築技術者集団編著『社会派建築宣言』(千代崎一夫)
 通上真有著『住宅貧乏都市モスクワ』(早川和男)

関連書籍
ページ上部へ戻る