タイトル 居住福祉研究19
サブタイトル 強制移住と強制立ち退きⅡ
刊行日 2015年05月20日
著者 日本居住福祉学会編
定価 1000+税
ISBN 978-4-7989-1298-1
Cコード c3036
ページ数 104
判型 A5
製本 並製

特集:強制移住と強制立ち退きⅡ

巻頭言:居住福祉制度の設立を!(早川和男)
特集:強制移住と強制立ち退きⅡ
 原発避難と復興政策の狭間に揺れる被災者の生活問題(尾崎寛直)
 阪神・淡路大震災20年(中島絢子)
 民間借地借家問題の現状と強制明渡し(細谷紫朗)
 都営住宅の今―問題と運動(渡辺紀子)
 公団住宅つぶしの新たな閣議決定(多和田栄治)
 公共住宅の建替え問題と定期借家制度(新出正治)
論文
 居住福祉資源の個別性について(水月昭道)
居住福祉評論
 憲法第25条(生存権)と居住の権利(大本圭野)
海外情報
 岐路に立つ韓国の賃貸借制度・チョンセ制度(ジュディ・パク/翻訳・解説 高島一夫)

関連書籍
ページ上部へ戻る