タイトル 戦争と国際人道法
サブタイトル その歴史と赤十字のあゆみ
刊行日 2015年10月16日
著者 井上忠男
定価 2400+税
ISBN 978-4-7989-1312-4
Cコード C3032
ページ数 304
判型 A5
製本 並製

戦争 vs.人道
―国際人道法は何をなしてきたか?
 根絶不可能な戦争!?その中で国際人道法と赤十字はどう変貌を遂げ、何をなしてきたのか。テロとの戦いやサイバー戦争など新たな戦争の脅威の中で、法は何ができるのか。本書が詳説する「戦争と人道」の近現代史は、戦争に対する法の力と限界を映し出すが、それに代わる何かがあるわけでもない。今、重要なのは、国際人道法のメッセージを一部の専門家の知からグローバル市民の普遍的モラルへと深化させることである。それは苛烈な戦争の中に人間性を守る“不可侵の砦”を築くことである。

著者紹介 井上 忠男(いのうえ ただお)
 日本赤十字国際人道研究センター長。日本赤十字看護大学教授。東洋大 学国際哲学研究センター客員研究員。元日本赤十字学園事務局長、日本 赤十字社企画広報室参事(2005愛・地球博 国際赤十字・赤新月館副館 長)、国際部開発協力課長、青少年課長などを歴任。
主な著書 『戦争のルール』(宝島社)、『戦争と救済の文明史』PHP新書、 『医師・看護師の有事行動マニュアル』(東信堂)、『国際人道法の発展と 諸原則』(訳書 日本赤十字社刊)、『赤十字標章ハンドブック』(監修・ 共訳 東信堂)、『解説 赤十字の基本原則』(訳書 東信堂)、『赤十字標 章の歴史』(訳書 東信堂)など。

はじめに iii
 凡例 xiv
序章   戦争と向き合う人類
 1.人類の歴史は戦争の歴史か
   戦争は人類最大の惨劇 /戦争の負の遺産 /戦争をどう理解するか
   戦争は人間の本能か /人道法は戦争を認めるのか /戦争の犠牲を減らせないか
 2.戦時の人道的慣行の歴史
   古代社会の人道的慣行 /古代ギリシャ・ローマから中世の慣行 /諸宗教に見られる人道的慣行
   近世における国際法の芽生え /近代人道思想の芽生え

第Ⅰ部   国際人道法と赤十字の誕生
第1章   ジュネーブ条約と赤十字のなりたち
 1.国際人道法の先駆者たち
   傷病兵救済への試み /南北戦争とリーバー法 /イタリア統一戦争と赤十字思想 /世界を動かした一冊
 2.国際人道法と赤十字の起源
   デュナンとその仲間たち /人道の夢追い人アンリ・デュナン /スイス陸軍の父デュフール将軍
   思慮深い医師モノアール /戦傷外科の権威アッピア/赤十字の巨魁モアニエ
 3.赤十字創設への歩み
   篤志救護隊の創設を提唱 /鍵となった中立の概念 /赤十字規約の採択へ
   各国救護社の設立 /赤十字標章の誕生

第2章   ジュネーブ条約締結への道
 1.プロイセン・デンマーク戦争の教訓
   戦争の現実から学ぶ赤十字 /手本となったキリスト教修道団 /南北戦争の活動から学ぶ
 2.国際人道法の夜明け
   一八六四年のジュネーブ条約の締結 /衛生活動の中立を宣言 /条約の功労者を巡る論争 /カトリック国も締約国に
 3.デュナンの後半生
   事業の破綻と信用の失墜 /赤十字との決別

第3章   ジュネーブ条約と赤十字の試練
 1.プロイセン ・オーストリア戦争の教訓
   勝敗を決したプロイセンの火力 /リッサの海戦の教訓 /戦死者の惨状と遺族の苦悩
   戦死者の識別方法を改善 /赤十字社の手引書『戦争と慈悲』 /条約の海戦への適用を検討
   批准されなかった海戦規定 /サンクト・ペテルブルク宣言
 2.主導権を発揮するプロイセン
   ビスマルクも注視した赤十字会議 /海戦における救護の課題 /平時の赤十字活動も議論
 3.赤十字と異文化の軋轢
   ジュネーブ主導への反発 /プロテスタントとカトリックの確執 /イスラム圏トルコの参加 /標章を巡る異文化間論争

第Ⅱ部   近代戦争と国際人道法の発展
第4章   近代ヨーロッパの戦争とジュネーブ条約
 1.普仏戦争の教訓
   両軍で一八万人が戦死 /進んだプロイセンの衛生部隊 /皇帝主導でジュネーブ条約を普及
   未熟だったフランス救護社 /戦死より多かった病死者 /死亡率を低下させた近代医学
 2.赤十字社の発展とデュナンのその後
   パリ市民を救済するデュナン /国際救援の始まりとバートン女史 /救護社は赤十字社へ名称変更 /パリ内戦が与えた影響
 3.捕虜救済と人道法の発展
   初の捕虜情報局を設置 /捕虜救済の緑十字社を設立 /ジュネーブ条約を巡る法律論争
   ブリュッセル宣言の採択 /オックスフォード提要の採択
 4.東欧世界へ広がる国際人道法
   バルカン紛争とトルコ赤新月社 /赤十字旗を切り裂くトルコ兵 /赤の三日月の承認 /セルビア・ブルガリア戦争で実績

第5章   近代日本とジュネーブ条約
 1.日本の赤十字とジュネーブ条約
   日本人と赤十字の出会い /西南の役と博愛社の設立 /日本のジュネーブ条約加入
   賞賛された日本の条約普及 /森鴎外の演説に〝ブラボー”
 2.日清戦争の試練
   進む衛生活動の改善 /世界が絶賛した日赤の活動 /旅順口虐殺事件
   病院船の必要性を痛感 /博愛丸・弘済丸の建造 /義和団の乱と病院船の活躍
 3.日露戦争の人道的実践
   ロシア兵への手厚い看護 /民間人の避難を勧告 /日露赤十字社の活動
   武器の進化と傷病兵への影響 /高く評価された法律顧問
 4.ジュネーブ条約の海戦への応用
   米西戦争で浮上した海戦の課題 /一八九九年の海戦の条約の締結 /病院船の保護規定を改善
   標章を巡る白熱した議論 /ジュネーブ法とハーグ法の分岐点 /一九〇六年のジュネーブ条約改訂
   一九〇七年のハーグ条約の意義
 5.国際社会と人道規範の普遍化
   人道の原則の法典化 /文明国の人道と良心 /現代に生きるマルテンス条項

第Ⅲ部   世界大戦と国際人道法
第6章   大戦下の国際人道法と赤十字
 1.第一次世界大戦と未曾有の惨禍
   戦史に残る空前の世界大戦 /欧州に日赤救護班を派遣 /空襲による住民の被害
   毒ガス兵器の惨劇 /毒ガス議定書の締結 /進歩した医療技術の恩恵
 2.捕虜の待遇改善への取組み
   国際捕虜中央局を開設 /抑留施設の訪問を開始 /一九二九年の捕虜条約の締結
   平時活動での標章使用を承認 /軍国主義への道
 3.第二次世界大戦と総力戦の犠牲
   国際連盟体制の挫折 /史上最大の戦時救護 /条約未批准国の捕虜の惨状
   想定越えた大量捕虜の運命 /捕虜になれなかった投降敵国人民
 4.激増した民間人の犠牲者
   無差別爆撃による大量殺戮 /ヒロシマとジュノーの活動 /核兵器の使用は合法か違法か
   ホロコーストと赤十字の苦悩 /閉ざされたユダヤ人救済の道

第7章 戦後社会と国際人道法の再出発
 1.大戦の教訓から条約の全面改訂へ
   新たな戦争違法化の歩み /新たに文民保護条約を採択 /一九四九年のジュネーブ諸条約
 2.地域紛争と進化する国際人道法
   独立闘争と内戦の中で /ジュネーブ諸条約追加議定書への道 / 解放闘争を国際戦争と認知
   内戦の犠牲者保護を強化 /第二追加議定書の意義
 3.国際人道法の精神
   命名者ピクテが託した思い /人類と文明社会への義務 /命と尊厳に関わる法
   国際人道法の基本原則 /両輪としての人道法と人権法
 4.赤十字基本原則の成立
   明文化された行動規範 /人道機関の規範的メルクマール

第8章   現代の戦争と国際人道法の挑戦
 1.冷戦後の紛争と人道犯罪の多発
   激化する民族紛争と人道犯罪 /加速する国連の介入 /人道犯罪を裁く国際法廷の設置 /人道支援で問われる民軍関係
 2.新たな戦争と国際人道法
   混迷深める「テロとの戦い」 /例外なき交戦当事者の義務 /新たな戦争の特色 /保護される文民の概念とは
 3.変化する赤十字の役割
   変わりゆく赤十字と軍隊の関係 /民間人の保護救済へシフト /国連と赤十字の特色
 4.赤十字標章と医療要員の保護
   赤のクリスタル標章の登場 /赤十字標章の保護と適正使用 /医療要員の権利と義務 /有事関連法と国際人道法の履行

第Ⅳ部   グローバル世界と国際人道法
第9章   近未来戦争とグローバル世界
 1.新たな殺傷兵器の出現
   劣化ウラン弾や燃料気化爆弾 /無人攻撃機やレーザー兵器の出現 /自律型殺傷兵器の脅威
 2.非殺傷兵器とサイバー戦争
   非殺傷兵器は人道的か /サイバー戦争が問いかけるもの /サイバー戦争は規制できるか
 3.未来兵器を規制するルール
   問われる新兵器の合法性判断 /マルテンスから学ぶ普遍的規範

第 10 章   グローバル時代の戦争と個人
 1.身近になった戦争と国際人道法
   誰もが戦争に参加できる時代 /重要性を増す国際人道法の普及 /法は世界を救えるか
 2.グローバルな人道秩序構築に向けて
   グローバルな人間尊重のメカニズムを /普遍的な人道主義 /憎しみの連鎖の中で

 主要文献一覧
 あとがき
 人名索引 /事項索引

関連書籍
ページ上部へ戻る