タイトル 日本の居住政策と障害をもつ人
刊行日 2006年04月30日
著者 大本圭野 著
定価 700+税
ISBN 978-4-88713-676-2
Cコード 3336
ページ数 65
判型 四六
製本 上製

ノーマライゼーション原理と国連社会権規約委員会の「居住の権利」の内容と意義をとりあげ、スウェーデンとアメリカという、一見対極的な両国との比較をふまえて、日本における障害をもつ人への居住政策の課題を明らかにする。

1 ノーマライゼーション原理と国連社会権規約委員会の「居住の権利」(ノーマライゼーション原理と「生活の質としての居住」、国連社会権規約委員会における「居住の権利」 ほか)
2 ノーマライゼーション、ソーシャル・インクルージョンに基づく居住政策(社会的排除から社会参画へ、スウェーデンにおける障害をもつ人の自己決定権・当事者参加 ほか)
3 わが国における障害をもつ人への居住政策(障害をもつ人への居住保障の立ち遅れ、障害者施設・精神病院における脱施設化と地域社会の居住条件 ほか)
4 わが国自治体におけるユニバーサル基準のまちづくり(静岡県におけるユニバーサルデザインのまちづくり、帯広市におけるユニバーサルデザインのまちづくり ほか)
おわりに――わが国の政府および自治体の課題

関連書籍
ページ上部へ戻る