タイトル 日本文化の空間学
刊行日 2008年08月30日
著者 桑子敏雄 編
定価 2200+税
ISBN 978-4-88713-860-5
Cコード 0330
ページ数 272
判型 四六
製本 並製

風土が抱く価値構造の新たな認識と展開へ
数値的・経済的地域把握を超えた、国土空間認識の理念と方法。伝承された知を媒介に、自然再生と新たな地域づくりを目指す。

第一部 方法としての空間学
第一章 方法としての空間学(桑子敏雄)
第二章 「游歩謀讃」としてのフィールルドワークショップ――創発的方法の空間学のすすめ方(延藤安弘)
第三章 スケッチ道場へ ようこそ――記憶・伝達の手法としてのスケッチ術入門(片寄俊秀)
第四章 日本の川と風土(桑子敏雄)
第五章 サステイナブルな地球環境デザインの作法と技法(島谷幸宏)
第六章 山・川・海をつなぐ水陸両用の神々と水の技術――水陸空間の文化人類学(合田博子)
第七章 地域づくりと実践的学問――地域ネットワークの継承と再生を目指して(岡田真美子)
第二部 空間構造を読み解く「龍宮からの贈り物」――環有明海の地域づくりに向けて
第八章 佐賀平野の空間構築――ふるさとの見分け方と住民合意(桑子敏雄)
第九章 佐賀の水と景観(島谷幸弘)
第一〇章 嘉瀬川石井樋の再生――空間構造と読み解く(吉村伸一)
第一一章 有明海の龍宮から佐賀平野を見る(合田博子)
第一二章 佐賀平野と「ふるさとの見分け方」(桑子敏雄)

関連書籍
ページ上部へ戻る