タイトル 概念と個別性
サブタイトル スピノザ哲学研究
刊行日 2012年3月1日
著者 朝倉友海
定価 4640+税
ISBN 978-4-7989-0110-7
Cコード 3010
ページ数 320
判型 A5
製本 上製

精細に読み解かれるスピノザ哲学の根幹スピノザの主著『エチカ』は万人の普遍的理解を求め、数学的明晰をめざしたいわゆる幾何学的形式で書かれている。だがその一般的概念を堅牢に積み重ねた形式的叙述は、事象の具体的な個別性の展開を阻んではいないか? スピノザの究極の意図が、われわれにおける最高の幸福の獲得という、明確に「個」を志向したものである以上、この疑問は放置できない──叙述の中に隠れた個別性をめぐって精細に読み解かれる、スピノザ哲学の中核的課題。

序論 個別性の問題
第一章 観念と概念──スピノザによる形而上学批判の射程 思念・観念・概念 
 一 「観念」説の深化
 二 形而上学的思想の検討
 三 「概念」説へ向けて 問題の暫定的整理──『エチカ』解読への準備
第二章 「身体の観念」とは何か──『エチカ』の存在論的結構  「人間の理論」の構築
 一 人間精神の本性
 二 諸属性から実体へ
 三 実体の様態と個別性 126 問題の新たな展開──人間の考察へ向けて
第三章 人間の幾何学──関係性の一般理論のなかで
 一 機械論と力動論
 二 諸事物の力動論
 三 理性的な情動 問題の最終的整理──人間の理論から自己の省察へ
第四章 至上の喜びのありか──『エチカ』の到達点の解明 スピノザが目指すもの
 一 直観知をめぐって
 二 身体と理性
 三 自己への気付き 
総括:スピノザの「哲学」
結論 概念と個別性

関連書籍
ページ上部へ戻る