タイトル 権威の社会現象学
サブタイトル 人はなぜ、権威を求めるのか
刊行日 2011年8月1日
著者 藤田哲司
定価 4900+税
ISBN 978-4-7989-0066-7
Cコード 3036
ページ数 472
判型 A5
製本 上製

「権威」というメカニズム解明に必須の武器(ツール)権威を求め、受容者を集団化し、その長期持続を願う人類共有の心情は、ひいてはすでに虚妄と化した権威の固着化さえ生み出す。今回の東日本大震災に際し、政府、企業、学者らが露呈した、もはや幻想でしかないこの種の権威を我々は速やかに解体せねばならない。権威という現象をめぐって蓄積された知見を精細に分析・整理し、自発的受容と自立的判断放棄を迫る権威のメカニズムを的確に解明した本書は、そのため必須の武器(ツール)となるだろう。

はしがき──「人はなぜ、権威を求めるのか」をめぐって
序:本書のテーマと構成―自発的遵守と私的判断の放棄としての権威―
第1章 権威の発生(1)─“authority”語源三要素とその継受―
第2章 「権威」の発生(2)─定訳の権威の源流と成立をさぐって─
第3章 局面配列としての権威―権威過程的接近―
第4章 敬意対象としての権威―高齢要素重視へ向けて─
第5章 3つの権威観―縦糸型権威から横糸型権威ヘ─
第6章 私的判断放棄と現代社会―権威継続をもたらす縦糸的問題─
第7章 敬意が排除を生み出すとき―権威継続をもたらす横糸的問題─
結 び―権威の動態的把握と高齢要素の現代的意義─
文 献
索 引

関連書籍
ページ上部へ戻る