タイトル 画像と知覚の哲学
サブタイトル 現象学と分析哲学からの接近
刊行日 2015年12月16日
著者 小熊正久・清塚邦彦 編著
定価 2900+税
ISBN 978-4-7989-1326-1
Cコード 3010
判型 A5
製本 上製

芸術作品から日常経験まで―画像と知覚をめぐる総合的考察

 メディアの発達と相まって多種多様な「画像」が日常を覆い尽くすように広がり、今や我々は画像を通じて世界を見ているとさえ言えよう。だが現物とは異なる画像の中に、我々はなぜ「現物」を見ることができるのか―本書は、この画像本来の「虚構性」、見ることと概念の綜合が生む「像意識」、知覚・感覚作用が持つ「志向性」等、画像が孕む今日的問題群をめぐり、絵画はじめ芸術作品から様々の日常体験まで、多角的に分析・考察した力作論集である。

第1部 画像とは何か
1 画像表象と中立性変様―フッサールにそくして(小熊正久)
2 受動的経験としての像経験─フッサールから出発して(田口 茂)
3 演劇としての『像』―像の発生的現象学の観点から(伊集院令子)

第2部 絵画と芸術作品について
4 絵の中に見えるもの―見えるものと描かれたもの(清塚邦彦)
5 絵画の知覚経験―メルロ=ポンティ『眼と精神』を手がかりにして(國領佳樹)
6 人間は「自画像」としての絵画に溢れた世界を生きる身体である―後期メルロ=ポンティ絵画論の位相(西岡けいこ)
7  サルトルの「芸術作品とは非現実的存在である」という主張をどのように受け止めるべきか(森 功次)

第3部 知覚について
8 カテゴリー的直観再訪─知覚的正当化の問題をめぐって(佐藤 駿)
9 経験における概念のゆくえ(村井忠康)
10 芸術鑑賞と知覚的カテゴライズ―ウォルトンの「芸術のカテゴリー」をめぐって(源河 亨)
11 アスペクトの転換において変化するもの―ウィトゲンシュタインの二つのアスペクトの分析を通じて(山田圭一)
12 痛みの経験は志向的か(小草 泰)
13 時間意識を介しての感覚と意味―フッサールの知覚論の動向(小熊正久)

関連書籍
ページ上部へ戻る