タイトル 自立と支援の社会学
サブタイトル 阪神大震災とボランティア
刊行日 2010年9月1日
著者 佐藤恵
定価 3200+税
ISBN 978-4-88713-949-7
Cコード 3036
ページ数 232
判型 A5
製本 上製

限界的状況における「自立と支援」の新展開阪神大震災の下、ノーマライゼーションや共生の理念に反し、障害者は救済から阻害され「震災弱者」と化した。この状況下特筆すべき活動を行ってきた「被災地障害者センター」等の支援団体の活動を、障害者─支援者─周辺第三者の三者関係を焦点に調査・考察した本書は、社会学における相互行為論の具体的展開であるとともに、自助的自立の対極をなす「媒介を介しての自立」観を通じ、全ての自立と支援問題に対し大きな示唆となるに違いない。

はしがき序章 自立と支援第1章 自立支援のリアリティ第2章 「出会い」の創出第3章 自己レイベリングからの脱出第4章 自己決定の相互性─アドボカシー再考第5章 「支え合い」の技法─ミッションの再帰性第6章 弱連結ネットワーク第7章 「市民の共感」に向けて第8章 行政との関係─対決ではなく内側からおわりに引用文献あとがき索引

関連書籍
ページ上部へ戻る