タイトル 芸術の生まれる場
刊行日 2009年03月09日
著者 木下直之 編
定価 1800+税
ISBN 978-4-88713-893-3
Cコード 0370
ページ数 256
判型 四六
製本 並製

ミュージアム――芸術生成の新たなトポス
「作品」は観客の眼によって初めて「芸術」として生まれ出る。作品・観客出会いの場・ミュージアム等に見る芸術と社会の新たな関係性。

はじめに(木下直之)
Ⅰ ミュージアムというポトス
 ミュージアムでなぜしゃべってはいけないの?(木下直之)
 仏像を拝まなくていいの?(木下直之)
 ミュージアム――作品の生まれるところ(関口直子)
 博物館と美術館――文化を語る二枚舌の構造(川口幸也)
 ミュージアムと博覧会・展覧会――だれのため?だれが見たのか?(五十殿利治)
 ミュージアムという居場所(川口幸也)
[コラム]何が博物館を生き残らせるのか?(森田利仁)
[コラム]ミュージアムはいかに創造的に生き残れるか?(塚田美紀)

Ⅱ 文化ホール、劇場、コミュニティ・カフェのある社会
 文化ホールにいってみよう――文化ホール建設の背景と現状(小林真理)
 劇場、コンサートホールではどんな人が働いているのでしうか?(藤野一夫)
アートマネジメントという仕事は何を目指しているのでしうか?(藤野一夫)
 文化政策とは何か?(小林真理)
 芸術はこんなところからも生み出されている!(谷和明)
[コラム]文化的権利とは?(小林真理)
[コラム]文化的多様性を認めながら生きるとは?(谷和明)

Ⅲ ミュージアムに行こう
 世の中とつながりたいミュージアム(美術館)の考えていること(柳沢秀行)
 ミュージアムの展示と解説――聞く、読む、そして観る(田中佐代子)
 デザイン・ミュージアムはどうやって鑑賞するの?(菅靖子、井口壽乃)
 みんなで一緒に鑑賞するには――ミュージアムでの鑑賞と鑑賞支援(山崎敬一、山崎晶子、葛岡英明、久野義徳)
 大学とミュージアム――学ぶ、見せる、研究する(寺門臨太郎)
[コラム]ミュージアムにおける視覚障害に配慮したプログラム(半田こづえ)
[コラム]解説者はどのように観客を解説に引きつけるのか?(山崎晶子、岡田真依)
[鼎談]日本の文化政策とミュージアムの未来(金子啓明、小林真理、木下直之)

関連書籍
ページ上部へ戻る