タイトル 英語の一貫教育へ向けて
刊行日 2012年3月1日
著者 立教学院英語教育研究会編 鳥飼玖美子・寺﨑昌男監修
定価 2800+税
ISBN 978-4-7989-0114-5
Cコード 3037
ページ数 336
判型 A5
製本 並製

独立各校間の「一貫連携教育」構築のためにグローバル化の中、日本人の「英語下手」が重大な欠陥としてますます問題化しつつある。開始された小学校での英語教育の義務化は、事態転換の鍵となるか?ポイントは、小中高大間におけるカリキュラムの連続性と有効性だろう。立教学院が約10年間、小学校から大学院に至るまで、それぞれの学校の独自性を活かしつつ進めてきた英語の「一貫連携教育」を紹介・考察した本書は、そうしたカリキュラム構築のための得難い示唆となるだろう。

はしがき―現代社会の課題に応える英語教育の姿を求めて
はじめに―英語の一貫教育へ向けて
Ⅰ部 学びを深めて―研修会の講演から
 第1章 一貫と連携 
  1.立教が目指す英語教育の一貫と連携
  2.英語教育における一貫と連携 
 第2 章 実践と理論
  1.発想転換の力
  2.中高一貫の指導と評価を見直す
  3.生涯英語のすすめ
  4.対論・『構造としての言語、実践としての言語』 
 第3 章 英語教育と学習意欲
  1.そもそも学習意欲とは何か
  2.学習意欲を引き出す
Ⅱ部 「生きた英語」を求めて―共同研究の中から
 1.研究会議の現場から
 2.相互授業参観
 3.マイクロティーチング実践
 4.「動機づけ」に関する共同実践研究の諸相
 5.質的追跡調査 英語ワーキンググループ(英語教育研究会)の歩み
あとがき

関連書籍
ページ上部へ戻る